インソール

キューデンヴォルテクス(ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ)の選手たちを支えるオーダーメイドインソール

2020年よりインソールで介入させてもらっている

ジャパンラグビー トップチャレンジリーグの

キューデンヴォルテクス。

 

170cmの私が子供に見えるほど

ラグビー選手の体格は迫力満点で

いつも圧倒されます(笑)

 

私が介入するキッカケとなったのは

チームの専属トレーナーの方から依頼を受けたことが始まりでした。

 

そのトレーナーの皆さんとお話させていただくと

年齢も同世代ですぐに意気投合(笑)

一瞬でプロフェッショナルな方々だと分かるくらい

とても知識や経験が豊富で私も勉強になることが

いっぱいありました。

 

選手の皆さんの足を診ていくと

ラグビーならではといいますか、

トラブルありきの状態がほとんど。

 

それくらい活動量が激しく、その上スパイクという

過酷な環境下でのスポーツなので

皆さんも簡単に想像ができると思います。

 

だからこそケガの予防や改善のために

フィルフィートの出番ってわけですね!

 

ラグビーに限らず、野球やサッカーなどの

スパイクは構造をしっかり把握しておかないと

インソールは逆にリスクとなる可能性が高いので

注意が必要です。

 

…なので毎回ドキドキもんです(笑)

 

 

今回はそのインソール作製例をいくつかさらっとご紹介します。

↑この選手は主にシンスプリントや前十字靭帯損傷による
下肢の痛みを耐えながらプレーをされていました。

インソール作製後はシンスプリントなどの痛みが気にならないほど
足の痛みは改善。

 

 

↑こちらは外国人選手。
検査しても分からない原因不明の第4趾中足骨部の陥没やクリック感あり。
ポジション的にも過負荷がかかる態勢になりやすく、
インソールである程度軽減できたが痛みは継続。
継続的なサポートが必要ですね・・・。

 

↑この選手の足部は非常に敏感で、
mm単位の違いが分かるほど。
この後も何度も微調整を繰り返し、
ステップワークを入念にチェックしていきました。

 

 

↑この選手は前項とは逆に足部の感覚鈍麻あり。
感覚の入力が分からず、インソールの厚みを高めに設定しても
自覚がないとのこと。
トレーナーさんたちと一緒に歩行分析を細かく見ていきました。

 

 

このように十人十色の足部環境があるため、

その選手に応じた対応を細かくやっていきます。

それこそが「オーダー」の醍醐味ですよね。

 

個人はもちろん、チーム単位で介入もできますので

チーム全体のパフォーマンスアップや

ケガの予防・改善のために

プロ・アマ問わず足部環境を見直してはいかがでしょうか?

 

きっとお役に立てると思います。

 


宗像市を拠点とし福岡県内を中心に活動する
足の専門家「フィルフィート」

外反母趾・内反小趾・タコ・ウオノメ
扁平足・凹足・開帳足・浮指・O脚・X脚
腰痛などの様々な足トラブルや
子どもの成長・スポーツ障害などでお困りでしたらお気軽にご相談下さい!

オーダーメイドインソール
ボディーメンテナンス(整体)
GPS端末埋め込み加工ミッケル

を中心に専門的な視点からアプローチし、
根本的な解決を目指します。

 

予約・お問い合わせ
          イイクツ
090-6291-1192
  (代表 宮尾)
info@fillfeet.com
       (24時間対応)

営業時間 10:00~19:00
定休日  毎週水曜日、第2第4日曜日

 

「ホームページを見て~」とご連絡いただければ助かります♪

※作業中や移動中のためお電話が繋がらない場合がございますが、必ず折り返しご連絡いたしますのでお待ちください!

※携帯電話のメールアドレスからメールされる場合は、こちらからの返信メールが届かない場合がございます。
まずは携帯の設定を確認していただくか、迷惑メールのフォルダーもご確認ください。
2~3日経っても返信がない場合、お手数ですがお電話していただけると助かります。

 

SNSもほどよく更新!

フェイスブック ←こちら✨

インスタグラム ←こちら✨

SNSでも知ってお得な情報を発信中!
よろしければ覗いてみてください♪

 

-インソール
-, , ,

Copyright© 足の専門家 フィルフィート , 2021 All Rights Reserved.