インソール

意外と多いモートン病。たった数ミリが改善の糸口に!

いきなりですが、

「モートン病」ってご存知でしょうか?

 

そうそうあの万有引力で有名なニュー・・・

 

 

…違います(笑)

 

一般的に聞き慣れない言葉だと思うので、あまり認知されていない症例ではないでしょうか?
(…たぶん笑)

 

モートン病とは

簡単に言うと主に足指の3-4趾間で好発する痺れや痛み、灼熱痛など起こす症状のものです。

 

「病」って言ってもいわゆる病気という感じではなく、

指の付け根付近を通る神経が、足と地面で圧迫されることに起こる神経障害のことです。

 

ハイヒールのような斜面がある踵の高い靴を履いているとなりやすいですね。

 

 

まぁ結果から言うと、

モートン病の痛みや痺れはインソールで解決できることが多いです。

それもたった数ミリのアプローチで。

 

ただ、このモートン病。

実はよく遭遇するほど多くの方が悩んでいらっしゃいます。

心当たりがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

北九州市にお住いのSさま。

モートン病疑いの診断を受けたほか、
母指球の痛みや緩みに悩まされていたようで

ホームページをきっかけにお問い合わせいただきました。

 

Sさんは立ち仕事が多く、

指先全体にしびれや痛みがあり、ひどくなると感覚が鈍くなるほどの状態だったそうです。

 

仕事用に使用されていた靴を見てみると、

実は機能性の良い靴を選ばれていました。

ちょうど消耗も激しかったのでこれを機に新調しました。

こちらはミズノのマキシマイザー。
安価なのに機能性も◎

非常にコスパの高いシューズだと思います。

 

次に歩行状態を確認。

すると、(私には)分かりやすいくらい痛みが発生しそうなクセがあったので

ここからがオーダーメイドインソールの出番です。

初回はここまで。

動きに合わせて作製していますが、モートンに効く場所の厚みはたった数ミリ。

でもこの数ミリがポイントなんです。

 

Sさまも「ふらつきが少なくなったし、とっても歩きやすい!」と

感触は良好で、歩容の変化に手ごたえもありました。

 

 

2週間後。

こちらの予想に反し、元ある痛みは治まりつつも、

今まで痛まなかった場所に痛みが生じたようなのですぐに修正。

マイナーチェンジ+研削を施します。

結果、
この修正が決め手となり、元ある痛みも新たな痛みも全て解決。

Sさまからは「調整後から調子は良好で、痛みもしびれもほぼなくなりました~♪」

と喜んでいただき、現在は快適にお勤めされているようです。

 

このように、

フィルフィートではオーダーメイドインソール作製後、約2週間を目安に必ず調整を行います。

作って終わりではなく、作製してからが本当のスタート。

実際に履くことで分かる情報もあり、「修正力」という本当の技術が問われます。

それもmm単位で。

 

結果を求める方こそフィルフィートにご相談下さいね!

 

 


宗像市を拠点とし福岡県内を中心に活動する
足の専門家「フィルフィート」

外反母趾・内反小趾・タコ・ウオノメ
扁平足・凹足・開帳足・浮指・O脚・X脚
腰痛などの様々な足トラブルや
子どもの成長・スポーツ障害などでお困りでしたらお気軽にご相談下さい!

オーダーメイドインソール
ボディーメンテナンス(整体)
GPS端末埋め込み加工ミッケル

を中心に専門的な視点からアプローチし、
根本的な解決を目指します。

 

予約・お問い合わせ
          イイクツ
090-6291-1192
  (代表 宮尾)
info@fillfeet.com
       (24時間対応)

「ホームページを見て~」とご連絡いただければ助かります♪

※作業中や移動中のためお電話が繋がらない場合がございますが、必ず折り返しご連絡いたしますのでお待ちください!

※携帯電話のメールアドレスからメールされる場合は、こちらからの返信メールが届かない場合がございます。
まずは携帯の設定を確認していただくか、迷惑メールのフォルダーもご確認ください。
2~3日経っても返信がない場合、お手数ですがお電話していただけると助かります。

 

SNSもほどよく更新!

フェイスブック ←こちら✨

インスタグラム ←こちら✨

SNSでも知ってお得な情報を発信中!
よろしければ覗いてみてください♪

 

-インソール
-, ,

Copyright© 足の専門家 フィルフィート , 2020 All Rights Reserved.