インソール

プロスポーツ選手へのインソール対応。ラグビー編

最近はキャパオーバー気味でフル回転しています。

いわゆるアラフォーに属する私は、なかなか堪えるお年頃(笑)

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

いきなりですが、
私はどうしても言っておきたいことがあります。

 

こんなコロナ禍ではありますが、

最近は福岡県内のみならず、全国からたくさんの
ご依頼・お問い合わせいただき本当に感謝が絶えません。

ブログ上ではありますが、改めてお礼を申し上げます。

 

逆を言えば、それだけ足でお悩みの方が多いという事実。

私はそんな皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

※時々不具合も確認されていますので、2~3日経っても折り返しの連絡がない場合は、お手数ですがお電話いただけると助かります。

 

 

さて、本題に入りますが、

今回ご紹介するのは

我が町、宗像が誇るラグビーチーム。

宗像サニックスブルースに所属する

廣田選手のスパイクにオーダーメイドインソールを作製しました。
(※公表の許可を得ています)

 

 

ラグビーと言えばワールドカップで日本中に勇気と感動を与えてくれたスポーツですね!

でもその裏では命がけと言えるほどの練習や努力が必要となり、

ケガのリスクが非常に高いのは誰もがご存知だと思います。

 

廣田選手はアキレス腱や膝に痛みがあり、痛みを堪えながらの練習を続けられていたそうです。

早速動きを確認すると、

やはりと言いますか、痛みを誘発しそうな動きのクセがあったので

正しい軌道と姿勢を求めてインソールを作製しました。

 

 

↑初回はここまで。

私は「作って終わり」ではなく、「作ってから勝負」と思ってますので

必ず経過を追っていきます。

しかも、スポーツ選手の多くは足裏の感覚が非常に繊細なので

トラブル回避のため、より慎重に徐々に高さを決めていきます。

 

 

↑こちらが2回目。(2週間後)

ちょっとずつ、ちょっとずつ。

使用感や痛みの増減などを聞いたうえでさらに深堀りしていきます。

 

 

最終的にはこのような感じに。

 

すると、

廣田選手から
「むっちゃいい感じっす!」と太鼓判をいただけました(笑)

この言葉に全てが凝縮されてますね!

練習中の痛みもかなり減ったようでホッと一安心。

 

最後はきれいに仕上げて完成です。

 

スポーツ選手にとってケガはつきものですが、

ケガ一つで選手生命にも関わることも少なくありません。

 

ケガのリスクを最小限にし、最大限のパフォーマンスを発揮させるのが

オーダーメイドインソールの可能性であり私の役目でもあります。

 

勝手な持論ですが、
オーダーメイドの神髄はアフターと修正力ですからね。

実際に使用してどうなのかを追求すると自ずと答えが見えてくるので。

 

結果を求める方にこそ、
まずはフィルフィートにご相談下さいね!

 


宗像市を拠点とし福岡県内を中心に活動する
足の専門家「フィルフィート」

外反母趾・内反小趾・タコ・ウオノメ
扁平足・凹足・開帳足・浮指・O脚・X脚
腰痛などの様々な足トラブルや
子どもの成長・スポーツ障害などでお困りでしたらお気軽にご相談下さい!

オーダーメイドインソール
ボディーメンテナンス(整体)
GPS端末埋め込み加工ミッケル

を中心に専門的な視点からアプローチし、
根本的な解決を目指します。

 

予約・お問い合わせ
          イイクツ
090-6291-1192
  (代表 宮尾)
info@fillfeet.com
       (24時間対応)

「ホームページを見て~」とご連絡いただければ助かります♪

※作業中や移動中のためお電話が繋がらない場合がございますが、必ず折り返しご連絡いたしますのでお待ちください!

※携帯電話のメールアドレスからメールされる場合は、こちらからの返信メールが届かない場合がございます。
まずは携帯の設定を確認していただくか、迷惑メールのフォルダーもご確認ください。
2~3日経っても返信がない場合、お手数ですがお電話していただけると助かります。

 

SNSもほどよく更新!

フェイスブック ←こちら✨

インスタグラム ←こちら✨

SNSでも知ってお得な情報を発信中!
よろしければ覗いてみてください♪

 

-インソール
-, , , , ,

Copyright© 足の専門家 フィルフィート , 2020 All Rights Reserved.