GPS端末埋め込み加工「ミッケル」

GPS端末埋め込み加工「ミッケル」について

 

国内の認知症の方が400万人を超えている現在、
早急な対策が求められているのが徘徊による行方不明の防止です。

警察に届け出のあった認知症の徘徊による行方不明者数は年間1万人以上もいます。
(2018年は16,927人と過去最多。年々増加しています)

 

昼夜問わず
「どこへ行ってしまうかわからない・・・」

認知症の介護はご家族の方にとって不安も負担も大きいもの。

 

そこでそんなお悩みが少しでも解決できればという思いで

GPS埋め込み加工「ミッケル」

をご案内します。

 

NTT docomo社製のGPS端末機を靴に埋め込むことで持ち忘れを防ぎ

スマホ1つで位置確認が可能となります。

あなたの代わりに大切な人を見守る安心な仕組みです。

 


※写真はGPS設置場所を分かりやすくしたイメージ図です。
実際はきれいに見えないよう加工します。

 

 

GPS端末埋め込み加工「ミッケル」の特徴

①市販靴に対応
GPS専用シューズではなく、ご希望の市販靴に加工できます。
ただし、加工できる靴には条件がございます。(ヒール、サンダル系にはできません)
下記でご説明します。

②手作業で一つ一つ丁寧に加工
大切なシューズをお預かりし、全て手作業で行うため
時間はかかりますが、その分丁寧に仕上げていきます。

③足の専門家だからできる加工
靴の構造を把握しているため、加工後の耐久性なども考慮。
ただ穴をあけるだけの作業ではなく、専門的なところまで細かく配慮。
フィルフィートならではのノウハウで加工します。

 

 

埋め込み加工ができる靴の条件

①足を踏む面の横幅が5㎝以上必要
GPS端末の大きさや耐久性を考慮すると5cm以上の幅が必要です。

 

②かかと部分の厚みが3㎝以上必要
※足りない場合はこちらで厚みを足す加工もできます。

 

 

ご注意していただくこと(加工できない事例など)

①経年劣化で加水分解を起こしていないもの
消耗が著しいものや経年劣化したものはうまく加工できない場合があります

②かかとにエアー加工されていないもの
エアー加工や空洞化されたシューズに埋め込み加工してしまうと耐久性が著しく低下するため加工できません。

③サイズ条件を満たしても加工できないもの
かかとの幅や厚みの条件を満たしても、
プラスチックプレートの入ったアウトソールや硬い素材のアウトソールの場合、
裁断が困難になり加工できない場合があります。

④弊社からGPS端末機は購入できません
お客様ご自身で各取扱店にてご契約し、ご用意ください。

 

 

ご依頼~完成までの流れ

①お問い合わせ
まずは電話またはメールにてご連絡ください。
☎:090-6291-1192
✉:info@fillfeet.com

②弊社から依頼主様にメールで連絡
メールにて靴の種類やリクエストなどを確認させていただきます。
そのまま加工を依頼される場合は、請求書の発行と代金の振込先をお伝えします。

③弊社へ靴を発送
依頼主様でご用意いただいた靴を元払いにて弊社まで送ってください。
(※こちらで靴を実際に確認し、万が一GPS埋め込み加工に適していなかった場合は、着払いにて返送させていただきます。)

④銀行振込にてご入金
指定口座へ代金の振込みをお願いします。

⑤埋め込み作業開始
振込みが確認でき次第、作業を開始します。

⑥埋め込み作業完了後、依頼主様に発送
振込みが確認できた日より最長10営業日以内に着払いにて発送させていただきます。

 

 

料金(GPS端末埋め込み加工費用)

15,000円~(税別)

※靴によっては埋め込み工程で使用する資材が変わるため、
加工料金が変わる可能性があります。
その場合は事前にお知らせします。

※往復の送料はお客様ご自身でご負担いただきます。

 

 

投稿日:

Copyright© フィルフィート , 2019 All Rights Reserved.